各コースのご紹介 通信制高校サポートコース 公共職業訓練コース カルチャースクール

院長挨拶

 昨今の教育現場では、「ゆとりの教育」の崩壊など、教育そのもののあり方が指摘される一方で、「不登校」、「引きこもり」、「家庭内暴力」など、子供たちが抱える問題は実に多様化しており、学校と家庭のあり方にまで問題は発展しています。
 そのようななか、我々アネシス学院は、平成8年3月開校の学習塾より、分離独立し、学力や学校生活に不安を抱える生徒を預かり始め、子供たちが安心して登校できる私立通信制・単位制高等学校サポート校ならびに資格取得専門校として、白河近郊のみならず、福島県南地区の皆様に幅広く認知されつつあると自負しているところでございます。
 平成18年9月1日に「アネシス学院郡山学習センター」を開校しました。また、栃木県大田原市「アネシス学院大田原学習センター」、福島市にも「アネシス学院福島学習センター」といたしまして兄弟校を開校し、福島県南エリアという枠を超え、ひとりでも多くのお子さん、ご父兄の要望に応えられるよう、日々精進しているところでございます。
 アネシス学院は、「生命を大切にする教育」をモットーに、福島県内外の各団体様等のご支援を賜りながら、毎年「うつくしま育樹祭」や「県南木もれび倶楽部」への参加で森林との共生を考える場を設けており、自然との触れ合いを通じ、他者との関わり方や共同作業を経験することによって「自立性と社会性」について考える時間を大切にしています。
 また、毎月のホームルーム以外にも、地元有識者をお招きいたしまして「キャリアの日」と題した講話の会やキャリアカウンセラーによるカウンセリングを開いています。「キャリアの日」は、これから社会に翔び立つ子供たちが社会とは何か、仕事とは何か、ということについて考える時間で、これからの日本を担う子供たちの将来に大きなたすけとなるはずです。そのほか、各科目の学習についても生徒一人ひとりのやる気を引き出し、その能力に応じた個別指導が中心となっておりますので、一歩一歩確実に、また生徒に合わせたペースで安心して進めていける環境があります。
 学力や学校生活に不安がある、病弱で普通高等学校への通学が困難であるなど、様々な悩みを抱える皆さん、高校卒業をあきらめずに、一度アネシス学院を見学にきませんか?皆さんが自己実現できる学校がここにはあります。
アネシス学院 学院長 山本光子